子供にかかるお金

あきらめるのは早い!親がシングルでも大丈夫。仕送りなしで大学に行く方法!

こんにちは、柊ゆうです。 大学、行けるもんなら行きたいけど、うちは無理って思ってない?高卒と大卒での生涯収入の差は4000~5000万円のようだ。就職の選択肢も広がり、より専門的な教育が受けられる。卒業して10年以上経っても、出身大学は聞かれるんだよね。今でもステータスになっているんだよ。

(続)教育費って結局いくらかかるの?キャッシュフロー表を作成して見えてくるもの。

こんにちは、柊ゆうです。 前回のキャッシュフロー表の作成で、教育費に今後いくらかかるのかを具体的に出してみました。教育費って結局いくらかかるの?キャッシュフロー表を作成して見えてくるもの。 4284万円という驚きの価格!?さあ、これを貯めるのか!?いくらなんでも無謀やね、まだ。これを全て貯めるという考えはおかしい。

(続) 学資保険を斬る!本当に必要なのか?

こんにちは、柊ゆうです。 前回は「学資保険を斬る!本当に必要なのか」 学資保険の解約を申し込んで、すぐに封書が届いた。子ども2人分の解約書を書いて、あと運転免許証のコピーが必要だ。本人確認のためだろうね。 振込み口座はこっちで指定できたので助かった。引落口座と違ってもOK!これは便利。

学資保険を斬る!本当に必要なのか?

こんにちは、柊ゆうです。 子供ができると当たり前のように加入した学資保険。 うちは子供が2人いるので毎月2万ほどかけていた。 3人目も欲しいなと思ったとき、毎月3万になるのかあ。きついなーと思った。 単刀直入に言うと、学資保険はいらないことが分かった。 正確には「学資保険という保険の制度を利用した積立はいらない」だ。