一般家庭でジュニアNISAは使えるのか??

一般家庭でジュニアNISAは使えるのか??
Pocket

こんにちは、柊ゆうです。

ジュニアNISA、2016年4月から利用開始となった。
通常のNISAとの違いは
・上限が80万円/年(NISAは120万円/月)
・子どもが18歳になるまで引き出せない
ことかな。
お金があるところは最大限に利用すればいい。

けど、夫婦と子供二人で想定すると、
夫婦でNISA枠が計240万円、子供で計160万円。
足すと400万円だ。すごい高額。年収みたいな額が出てきた。
年間にこれだけを投資に回せる一般家庭ってあるのかい?
あれば、既に一般家庭でないね。上流階級ですよ。

祖父母からの贈与で使うことも出来るが、年間110万円は贈与税がかからないからそれで十分じゃない?暦年贈与というらしい。ちなみに一気に1000万円贈与すると贈与税50%だって、びっくり。

なんだか一般家庭でジュニアNISAを使える気がしないのだが。
しばりが多い分、通常のNISAで十分です。我が家は。
通常のNISAでさえ、夫婦で計240万円分も投資に回せたらすごいと思うのだが。旦那の分は口座開設すらしていないし。

それよりも保育料を下げてくれた方がメリット実感しやすいな。
少子化って言うんだったら3人目からは医療費・教育費無料とか大胆なことしてくれないかな。

【追記2018.05.02】保育園無償化は現実味を帯びてきた。詳細はこちらからどうぞ。ついに来た!保育園無償化。「3~5歳、認可保育無料」について思うこと。

次のページ:初めて買った国内株式固有株はイオン(株)!!私がイオンを選んだ理由。

前のページ: 2015.12月 目標とするポートフォリオの設定

サイトマップはこちら。 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

投資関係カテゴリの最新記事