Audible(オーディブル)を聴きながらの家事が楽しすぎる!面倒な家事を乗り切る方法!

Audible(オーディブル)を聴きながらの家事が楽しすぎる!面倒な家事を乗り切る方法!
Pocket

毎日やらないといけない家事。
掃除、洗濯、料理。
疲れて帰ってきてるのに。
共働きなのに自分ばかりしている。

不満もたまっちゃうよね。

生活していく以上、どうしてもやらないといけない家事ってあるよね。
食洗器使っても、食器入れたり直したりは自分でしないといけない。
油汚れのフライパンや鍋。散らかったキッチン。

先延ばしにしたところで、結局やるのは自分。
ならば、その家事の時間を「楽しめる」ものに変えるのはどう?

私はAudible(オーディブル)を使って、むしろ早く家事をしたい!って思うくらいになった。

オーディブルとは本をアプリで聴けるサービス。

今回はオーディブルのメリット、デメリットを紹介する。

audible

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの柊ゆうです。

3人子持ちのフルタイムで働く40代主婦。
もちろん毎日が忙しい。時間がいくらあっても足りない。
自分のことがしたいけど、家事に追われる毎日。

家事が終わればクタクタ。結局何もできないまま一日が終わる。
けどね、オーディブルですごく生活が変わった

早く家事をテキパキと取り組めるようになった。
結果的に、夜に時間を取れるようになったのだ。

 

Audeble(オーディブル)とは。簡単に紹介。

オーディブル(Audible)

Amazonが提供するサービス。
本をアプリで聴くことができる。使うのは耳だけ。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができ、オフライン再生も可能です。

この”耳で聴く”がポイント。
イヤホンしていれば、何をしながらでも聴くことができるのだ。

会費は月1,500円。
毎月付与される1コインで、お好きなオーディオブック1冊を価格に関わらず購入できる。

ジャンルはビジネス、自己啓発、ミステリー、フィクション、ファンタジーと幅広い。
40万冊以上も配信している。
 
30日間は無料でお試しできる。
こちらから。
Audible(オーディブル)を無料で試す
 

でも、デメリットも存在する。先に紹介しよう。

 

オーディブルのいまいちな点は「料金設定」

オーディブルの使い勝手については申し分ない。
問題なのは料金の方だね。

①月額1,500円で買える本は1冊のみ

オーディブルは月額1,500円で1冊のみ。
たった1冊しか聴けないのだ。

長い本だと10時間。短いと3時間くらい。
毎日30分使うとする。1か月だと900分=15時間。

長い本であっても20日くらいで聴き終わる計算。

きっと1冊だけだと物足りないだろう。
そうなると、本を追加で購入することとなる。

②2冊目以降は有料で高額

2冊目以降は有料で購入することとなる。
Audible会員なら、オーディオブックを非会員価格の30%OFFで単品購入することも可能である。
しかし、書籍やキンドル本と比較するとオーディブルは高額。

例えば

 

「下町ロケット」は書籍だと
・ハードカバー 1,186円
・文庫本 792円
・Kindle版(電子書籍)554円
であるのに対し、

・オーディブル 
定価3,600円→オーディブル会員3割引きで2,520円

会員であってもオーディブル版2,520円である。高いでしょ。
Kindle版554円の5倍ほどもするのだ。

 

 

オーディブルのおすすめポイント ありすぎる!

おすすめポイントが多すぎるのだが、1つずつ紹介していく。

 

家事をしながらの相性が抜群

家事の中でも、頭をあまり使わないで済むような家事と相性がいい
脊髄反射でできるような家事ね。

例えば、
・食器を洗う
・食洗器に食器の出し入れ
・洗濯物を干す、しまう
・子どもの寝かしつけ

夕食後にお皿洗いながら聴くのが、私の定番となっている。
おかげで、食後に一休みするのが習慣になっていたのに、ササっと洗うようになったもんね。
夜の時間も増えるし、いいことづくし。

意外と使えるのが「子どもの寝かしつけ」。
3歳の娘がいるのだが、寝かしつけの時には手を握ってくるので何もすることができない。
右耳だけイヤホンをつけて聴きながら、添い寝して寝かしつけをしている。

そのまま自分も寝てしまうことが多いのだが、それでもいい。
意外と時間かかるときもあって、そんなときは、「ああ、やりたいことあるのに」って悶々としていた。
それが、読書(聴書?)の時間となったのでイライラすることが減った
子どもにも優しく接することができる。

本を読むより疲れない

目が疲れることはよくあるが、耳が疲れたってなることはないよね。
目から入る情報は8割だという。
どれだけ普段は目を酷使しているかってことだよね。

その点、耳は意外と疲れない
聴いていて、「耳が疲れたから止めよう」ってならない。

たいていは他にやることができたから止めるというパターンだ。

何もなければ、2時間くらいは連続して聴いていられる。

 

プロのナレーターで臨場感たっぷり!

オーディブルでおススメなのは小説だ。
気持ちのこもったセリフをほんと聞いてもらいたい

また、本を読んでいて、登場人物が分からなくなることない?私はしょっちゅうだ(笑)。

登場人物によって、声色・スピード・トーンを使い分けてくれる。
それだけで、主人公の敵か味方かもすぐに分かる。
さすがプロのナレーターだなって思わせてくれる。

このクオリティの高さは「書籍より値段が高くても仕方ないかな」って思うくらいだよ。

おススメは「下町ロケット」。
さっき、高いと批判したけれど(笑)。
内容はすこぶる良かった。さすがプロ。
サンプル聴けるから聞いてみてよ。

「下町ロケット」は高いから、買うならコインで買おう。
ほんと楽しく聴けたよ。

下町ロケット

10時間越えでけっこう長く楽しめる。
ほんとおススメ。

Audible(オーディブル)を無料で試す

オーディブルを使って起きた変化

やはりマルチタスクができるオーディブルのメリットは大きい
時間を有効に使えるようになったもんね。

進んで家事をするように

夕食後の片づけも率先してやるようになった
オーディブルを聴いているときに、手持ち無沙汰になったら進んで家事を探してしまう
洗濯物をしまったり、ちょっとした片付け。

名もなき家事がブームになっていたけど、こういった家事がサクサクできるのも魅力。
具体的には、
・牛乳パックを洗う。
・新聞紙をまとめる
・届いた郵便物を片付ける
・ソファにかけてある洗濯物をかごに入れる
・家族が畳んだ服をそれぞれのタンスへ直す
・学校からもらったプリントを捨てる
とにかく、目についたものをバババって処理する感じ

家は片付くし、同時に本も楽しめる。Win-Winだね!

家事をするときの「面倒くさい」からの解放。
どうせするなら、楽しくやりたいよね。

 

学べる喜び半端ない

「家事&学び」を同時にできるというのもメリット。
学ぶ意欲のある主婦って多いんじゃないかな。

けれど、家事育児そして仕事に追われて、好きな本を読むことができないストレス抱えている人多いんじゃないかな。
「ほんとはゆっくり紅茶でも飲みながら本を読みたいな」って思ってない?
でもできないから仕方ないって思っちゃうよね。

そういった方におススメ。

学ぶことをあきらめないで済む。
ああ、こんな方法があったんだ!って、ほんとありがたいサービスだ。

 

 

まとめ 学びたい主婦にはほんとおススメ

いかがだっただろうか。
家事とAudible(オーディブル)はすこぶる相性がいい。

忙しいあなたも、耳は空いていない?
家事って生産性のない時間だと思っていたんだよ、正直。
それがこんなにインプットの時間に変わるとは驚きだった。

家事のハードルがものすごく下がった。すぐにやれるようになった。

この感動をあなたにも伝えたい。

そして、オーディブルに必須なのが「ワイヤレスイヤホン」。
これだけは買っておきたい。

30日間は無料お試しあるので、ほんとぜひ試して欲しい!

こちらからどうぞ↓

Audible(オーディブル)を無料で試す

 

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

家事効率化カテゴリの最新記事