あきらめるのは早い!親がシングルでも大丈夫。仕送りなしで大学に行く方法!

あきらめるのは早い!親がシングルでも大丈夫。仕送りなしで大学に行く方法!
Pocket

こんにちは、柊ゆうです。

大学、行けるもんなら行きたいけど、うちは無理って思ってない?
高卒と大卒での生涯収入の差は4000~5000万円のようだ。
就職の選択肢も広がり、より専門的な教育が受けられる。
卒業して10年以上経っても、出身大学は聞かれるんだよね。今でもステータスになっているんだよ。
daigakuiku
うちは経済的にとても大学に行かせる余裕なんてない。
塾に行かないと大学は無理。
って、最初からあきらめてない?
大丈夫。なんとかなる方法はある。知らないだけだ。
最小限の費用で大学に行かせる方法を紹介する。

狙うは寮のある国立大学

国立大学の方が私立大学より授業料が安いのは周知の事実。
さらに寮を備えている大学も多い。
月額10000円程度で住居費、光熱費までまかなえる。
備え付けの電化製品、家具もあるため、一から揃える必要はない。
そもそも、アパートを借りて一通りそろえる余裕はない。
下宿を探すのもいい。夕食まで出してくれるところもあるので、ほんとありがたい。
ただ、入寮の申し込みが受験の前にあるところもある。そこに注意が必要。
願書を出す段階でもう調べておかないといけない。
そして何よりも国立大学に合格しなければならない。
高校時代の勉強は必須だ。
塾に行く余裕はない?そうだよね。行かなくていいよ。高校の先生がいるでしょ。
赤本があれば受験の傾向が分かるし、先生に聞けばタダだよ。
塾に行かなければ国立は無理って思うんなら、もう気持ちで負けてる。
くそー、負けるか!って心意気で頑張れるぞ。
今の苦労で一生が決まると思っていい。やがて将来の糧となる。
頑張るんだ。

生活費は奨学金で乗り切ろう

奨学金と言えば、日本育英会(現 日本学生支援機構)が有名。
利息なしの第一種、利息なしの第二種がある。
・国立大学で自宅外通勤の場合
第一種 月額30,000円または51,000円
第二種 月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円または120,000円

上記から選択できるようだ。
申し込みは大学入学前、入学後にある。
お勧めは大学入学前の予約採用だ。高校で案内があるはずだ。情報をもらさないようにしよう。
予約採用とはその名のとおり、奨学金を予約できるのだ
ここで採用が決まれば安心感がある。簡単な面接はある。
ある程度の学力があり、困窮していれば通るだろう。
額は生活費全般をここから捻出することを想定して決めてほしい。
食費、被服費、交通費、娯楽費などだ。
場所にもよるが月8~10万円ほどあれば大丈夫だろう。
ただし、気を付けないといけないことは、奨学金は借金であるってことだ。
月8万円借りれば、4年間で合計384万円。
月10万円借りれば、合計480万円に膨れ上がる。
借りすぎれば、以前述べた奨学金破産という恐ろしい事態にもなりかねない。
必要十分な額にすべきだ。将来困るのは自分なのだから。

授業料免除を狙え!

国立大学の授業料は年間535,800円かかる(2015年度)。
4年間で200万円超えだ。すごい大金だ。
これを払わないで済む制度がある。それが授業料免除だ。
大学の授業料は前期後期と2回に分けて払わなければならない。
授業料免除はその都度申し込まないといけない。4年制大学なら合計8回だね。
もちろん、条件はある。
経済的困窮かつ、学業成績優秀であることだ。
つまり、大学に合格したから終わりではなく、そこからがスタートだ。
4年間成績優秀でありつづけないといけない。浪人なんてもっての他だ。
同じような境遇の友人たちに勝たないといけない。

浪人=大学中退なんだからね。
浪人の時点で授業料免除受けられないし、奨学金も4年制大学なら4年間しか出ない。
寮も4年間しか入れないかもしれない。そういった危機感を持って欲しい。
たった4年間だ。ファイトだ。

上の三つを実践してみた結果

ここまでみてきて、「難しい」「ムリムリ!」って思ったかな。
できないことはないんだ。だって、自分が全部実践してきたことなんだから

もう20年ほど前になるんだけどね。
だからもっといい方法はあるのかもしれないけど、要点は外してないと思う。

周りが私立大学をで滑り止めで受ける中、国立一本で受験。
どうせ私立は受かったところで経済的に行けないし。
受験の前に入寮手続きと奨学金の予約を確保。
推薦では受からず前期で無事合格。
大学の寮に4年間過ごす。
在学中に第二種の奨学金も確保。合計約9万円で生活費をまかなう。
授業料は一回だけ半額免除となったが、後の7回は全額免除でクリア。
って感じなので、親からはほとんど仕送りをもらわず(唯一、授業料半免の時だけもらった)。
それで今は資格を取得し働いている。だからできるんだよ。

ただ、みじめな思いもした。
一人暮らしでアパートに住んでいる友達がうらやましくて仕方なかった。
寮のイベントが煩わしかったり、先輩後輩が面倒臭かったり。
友達がもっていたMDプレイヤーがうらやましくてしょうがなかった。
まだ、自分はカセットテープのハイポジの時代に(笑)。90年代後半だよー。
大学1年の夏はみんな車の免許を取るんだよね。
でも、自分は取れなかった。だってお金ないんだもん(笑)。
バイトしてお金貯めて、取ったのは大学3年の夏だった。
「えらいねー」と褒められても、裕福な家庭の友達の方がうらやましかった。
車を買ってもらっている友達を横目に、原付ですごした大学時代。
お金がなくて、できないことが多くてたくさんあって。
周りと比べて泣いたりもした。

でも、今にして思えばいい経験だったと思えるんだ。
寮で出会った友達とは一生の付き合いだし。学部も超えて友達の輪ができた。
就職してアパート借りて、自分だけのキッチンがほんと嬉しくて嬉しくて。
一口しかなかったんだけど、自分だけが使える喜び。
就職して車も買って、冷蔵庫も買って(笑)。
少しずつステップアップしていく喜び、分かるかな。
ドラクエのレベルアップの曲がぴったりだ。

 

ひもじい気持ちが分かるだけに、いま、経済的に困っている人は応援してあげたいんだ。大学時代の4年間なんてあっという間だよ。
期限があるから頑張れたんだ。
そういう方法を教えてくれた母にも感謝。
シングルなのに兄も私も大学に行かせてくれて、ほんとすごいと思う。
当時、年収300万円くらいだったんじゃないかな。

だから、できる。きっとできる。
今は、大学時代にうらやましかった友達に引けを取らない生活ができている。
一人でも多くの未来が切り開けますように。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

子供にかかるお金カテゴリの最新記事