自分にとって理想のワークライフバランスとは。

自分にとって理想のワークライフバランスとは。
Pocket

こんにちは、柊ゆうです。

先日、39歳の誕生日を迎えた。その時思ったんだ。この先あと20年近くは働かないといけない。  

tenshoku2

理想ワークライフバランスを考えたきっかけ

いまから第三子の産休育休を経て、ファイナンシャルプランナーとしての転職を望んでいるが、どうせなら理想のワークライフバランスで働きたい!って強く思った。

他にもそう思うきっかけはあったんだ。先日、お腹の張りがあったんで水曜日に早退したのね。したら、部長が木金もゆっくり休んで、月曜日から出ておいでって言ってくれたのね(泣)。

お言葉に甘えてゆっくりさせてもらったんだ。通常の平日休みだと病院の診察や、小学校の参観日など予定を入れざるを得ないから、正直、休みだけど体は休まらないのよね。

そんなママさんは多いと思う。今回、突発的な休みをもらえて、ほんとゆっくりすることができたんだよね。学童から帰って来る子どもに「おかえり!」って言うことができたし。トンカツを一緒に作って、家事しながら読み声聞いたりしたし。

その時思ったんだ。あぁこういうゆとりのある生活を送りたいって。子どもにおかえりって言ってあげたいって。

現在の状況と理想のワークライフバランス

今の仕事は定時は17時だが、日によっては伸びることもある。土日祝日は交代で出勤しないといけない。しかも夜間の自宅待機も交代で回ってくるので、結構な苦痛だ。何時であっても呼びだされる。満足しているのは人間関係と休みの取りやすさ、そこそこもらえるお給料かな。

理想ワークライフバランスを考えた時に、好きな時間に働きたいけれど、給料は減らしたくないという希望はある。贅沢なのかもしれないけれど。

理想をいうと、勤務時間は1日6時間くらいで、平日の9時から16時まで。土日祝日休みで子どもと触れ合いたい。そんでもって、給料据え置き!そうなると難しいな。時間給で倍くらいにしないといけない!

フリーランスになれば賞与も労使折半もない。ほんと稼がないといけない。でもやりたいことはたくさんあるんだよね。お庭のガーデニングもやりたいし、玄関のインテリアをを季節に合わせて変えたりね。もっと勉強する時間も欲しい。

ほんと時間的にも精神的にも体力的にもゆとりがないと出来ないんだよね。頭には描いているんだけど、出来なくてストレスになってしまってる。あと20年働くんだ。好きなことしながら働いていきたい。

理想のワークライフバランスを手に入れるために

まずは出来ることを一つずつやっていこうと思う。産休に入ったら、ファイナンシャルプランナー2級の勉強しよう。育休の間に資格取るんだ。

そして産休育休の間に、ファイナンシャルプランナーとして働けるように土台を作るのだ。このブログを更新するのもモチベーションに繋がる。アウトプットしたいことはたくさんあるのだ。ただ書くのが追いつかないだけで(笑)

ファイナンシャルプランナー三級の資格を取ったって、職場の人に話したら、うちも家計みて欲しいって言ってくれた人がいたんだ。そう言ったところからでも、一歩ずつ進んでいきたい。

次のページ:書籍レビュー「モチベーション革命」

前のページ:モチベーションが上がった出来事。モチベーションを維持するには。

 
サイトマップはこちら。

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

Pocket

自分のこと、雑談カテゴリの最新記事